FX

FXの始め方!FXにチャレンジしよう

FXの始め方!FXにチャレンジしよう

始め方

FXをこれから始めたいと思っていても、何から手をつけたらわからない!ってことはありますよね。今回はFXを始めるにあたって必要なことや基本的な知識に焦点を当ててご紹介していきます。

 

FXを始めるのに必要なものとは?

FXを始めるためには、全くなにもなくてOK!ということはありませんが、基本的にはみなさんが持っている物を使えば、誰にでも始めることができます。さて、それでは何が必要なのでしょうか?

 

①パソコン
②スマホ
③本人確認書類
④マイナンバー確認書類
⑤インターネット環境
⑥初期投資金

 

①パソコン

この後にもありますが、今はスマホがあればトレードをすることは可能です。しかし、やりやすさの点で言うとやはりパソコンの方が良いので、最初はきちんと用意した方がいいでしょう。しかし、FXをやりたいという人ならば既に持っている人も多いかもしれないですね。特に、分析をしたり取引ツールを使ったりする場合はスマホなどよりも断然パソコンの方がいいです。それほど高スペックである必要がないので、高くないもので大丈夫です。ただし、FX会社が提供しているツールはほとんどがWindows仕様なので、なるべくWindowsのパソコンを用意した方がいいです。

 

②スマホ

スマホは今やだれでも持っているツールですので、新しく用意する必要はありません。経済ニュースのチェックをしたり外出先でのちょっとしたトレードをしたりと、非常に使い勝手が良いです。ガラケーでもできないことはないですが、スマホの方が反応が良くスピード面や機能面で勝っています。最近はFX業者がアプリなどを開発しているので、スマホのみでFXに取り組んでいるトレーダーもいるようです。

 

ここまでは、まずツールの準備の段階です。⑤のインターネット環境は言わずもがなです。むしろインターネットさえあればどこでもできるのがFXの強みです。さて、この後は口座開設についてご説明していきます。

 

FXの口座開設をしよう!

どこのFX業者を利用するかはとりあえず置いておいて、一般的に口座開設のために必要なものについて紹介していきます。

 

③本人確認書類

口座開設の際は、国内でも海外でも必ず本人確認書類の提出が求められます。提出方法は国内の場合は郵送などもありますが、基本的にはメール添付などの画像提出が可能となっています。ちなみに、本人確認書類とは何があるのか、参考にしてみてください。

 

・運転免許証
・パスポート
・各種健康保険証
・各種年金手帳
・印鑑登録証明書
・住民号の写し
・在留カード
・特別永住者証明書

 

ただしこれら全てが本人確認書類として認められるわけではわりません。FX業者によって違いがありますので気を付けてください。また、海外FXの場合は、本人確認書類が下記に限定される場合が多いので覚えておきましょう。

 

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳

 

さらに海外FXの場合、これにプラスして住所確認書類が求められる場合が多いです。住所確認書類とは一般的に下記のようなものです。

 

・住民票の写し
・戸籍抄本や謄本
・公共料金の明細書
・固定電話利用明細書
・カード利用代金明細書

 

ただし、これらは6ヶ月以内に発行されたもののみ認められる場合が多いので、発行年月日に気を付けましょう。

 

④マイナンバー確認書類

これは最初に確認しておきますが、これは日本のFX会社で口座開設する場合にのみ必要となります。海外FX口座の場合は必要ありません。マイナンバー確認書類にはいくつか種類があります。

 

・個人番号カード
・マイナンバー通知カード
・マイナンバー記載の住民票

 

ちなみに、国内FXではマイナンバー確認書類の提出は義務です。先程申し上げましたが、現時点では海外FXの場合はマイナンバー確認書類は必要ないですが、提出を求められることがあります。FX業者によっては義務とされているところもありますが、これに応じなくてもトレードを続けることができます。ですが、FX業者によって違いがありますので、しっかり調べておくようにしましょう。

 

以上で、口座開設に必要な書類についての紹介を終わります。さて、いよいよ次は最初の投資金についてです!

 

必要証拠金を準備しよう!

口座を開設したら、すぐにトレードを始められるわけではありません。トレードのために資金を口座に入れる必要があります。トレードに必要な資金のことを証拠金と呼びます。いくら入れればよいのかは、FX業者や口座の種類によって違いがあります。国内FXの場合、最低必要証拠金が4円などというところもありますが、一方で有名どころのDMM FXやGMOクリック証券などでは、最低5万円程度必要なようです。ただ5,000円程度でも可能な会社が多いです。これに対して海外FXの場合は、最低100~500円程度のところが多く、国内FXよりも少ない額で始められるところが多いです。ただし、500円で入金したとしても国内銀行へ送金する際の手数料が2,500円程度かかってしまう場合があります。これを、リフティングチャージと呼びますが、海外FXならではのコストですね。ただ、リフティングチャージを必要がない会社もあります。GEMFOREXの場合は最低入金額1,000円ですが、リフティングチャージがかからないため、リフティングチャージがあり最低入金額500円のFX業者と比べると手元に残る金額はGEMFOREXの方が多いということになります。

 

さて、これでFXを始めるために必要なものの紹介は終わりです。こうしてみると、思ったよりも準備自体は簡単そうですよね。でも口座選びってどうしたらいいのでしょうか?いっぱいありすぎてわからないですよね。今回は詳しくは紹介できませんが、国内FXと海外FXのどちらがよいとという点についてお話しして終わりにしようと思います。

 

国内FXと海外FXどちらを選べばいいの?

単純に考えると、国内の方が安心では?と思われるかもしれませんが、最近では海外FXを選択するトレーダーも増えてきています。それでは両者のちがいはどこにあるのでしょうか?簡単に表にまとめましたのでご参考にしてみてください。

 

国内FX 海外FX
レバレッジ 規制あり(最大25倍) 規制なし
ゼロカット なし あり
追証 あり ゼロカットがある場合なし
スプレッド 狭い 広い
処理方式 DD方式 NDD方式の方が多い
プラットフォーム 会社独自が多い MT4やMT5が多い(共通)
自動売買ツール 有料や接続不良が多い MT4が自動売買に対応
税金 申告分離課税(一律20.315%)

総合課税・累進課税
稼げば稼ぐほど税金が上がる

 

表で赤く塗った方が、メリットと感じられる方です。海外FXの方がメリットが多いように感じますね。ポイントはゼロカットシステムです。ゼロカットとは、トレードで大きな損失が出た場合に口座残高が0になる前に自動で決済してくれるというシステムです。これのメリットは、借金が発生しないという点です。自分が入金した資金が0になることはあっても、それ以下になることはありません。しかし、国内FXの場合はそうしたシステムがありません。また、処理方式にも大きな違いがあります。国内で採用されているDD方式というのは、トレードの際にトレーダーと市場の間にFX会社が入って注文を一旦FX会社が受け取る仕組みです。この部分が不透明なため、不正取引が行われる可能性を否定できません。自分の注文がそのまま市場に流れるとは限らないからです。この方式の場合はトレーダーの損失が会社の利益になるという点でも不信感が募ります。一方で、NDD方式の場合はトレーダーの注文がストレートに市場に流れるという安心感があります。

 

こうして比較してみるとやはり海外FXの方がメリットが多いように感じます。今後のことを考えると、最初から海外FX会社を選択することをおススメします。ただし、スプレッドが国内FXより広いことや稼げば稼ぐほど税金がかかるという点は忘れないようにしましょう。