FX

FXはエントリータイミングで勝負が決まる?

FXはエントリータイミングで勝負が決まる?

エントリータイミング

FXで取引を始めるためには、「買い」または「売り」でエントリーする必要があります。エントリーをするタイミングによって、利益が出るか出ないかを左右することも多いです。利益を出すためにはエントリータイミングの見極めが欠かせません。

 

本記事では、FXのエントリータイミングについて、重要性や見つけ方、感覚をつかむ方法などをご紹介します。エントリータイミングを見極めるときの注意点も要チェックです。

 

FXにおけるエントリータイミングの重要性

FXにおいて、エントリータイミングは非常に重要です。「買い」と「売り」どちらも、エントリーしてから相場が動いていきます。エントリーするタイミングによっては、相場が下落または上昇し、利益が出ることもあれば損失を生む可能性もあります。

 

例えば、買いポジションでエントリーしたとき、トレンドが下落すると損失が出てしまいます。売りポジションであれば、トレンドが上昇すると損失が生まれます。トレンドには傾向があるので、しっかり見極めてエントリーすることが利益につながります。

 

FXにおけるエントリータイミングの見つけ方

FXにおけるエントリータイミングは、いくつかの見つけ方があります。あらかじめ見つけ方を知っておくと、チャートでタイミングがわかり、根拠のあるトレードができるようになります。主なエントリータイミングをご紹介します。

 

押し目

相場が上昇トレンドになっているとき、右上にまっすぐ伸びるのではなく、一時的に下落して上昇する地点があります。一時的に下落している地点を押し目と言い、見逃さずにエントリーしたいタイミングです。押し目になると再び上昇トレンドになることが多いので、相場の全体的な傾向を見て、上昇傾向があるときに押し目でエントリーしましょう。

 

戻り

下落トレンドになっているときのエントリータイミングは、戻りが起きている箇所です。戻りとは、下落トレンドをたどっているとき、一時的に上昇する地点のこと言います。戻りになると、そこから下落する傾向があるので、売りのエントリータイミングです。空売りをするときなどに、戻りでエントリーすれば、利益を生みやすくなります。

 

トレンドが転換するポイント

相場は、上昇または下落がはっきりわからないときもあります。一定のラインで相場が動いている場合は、相場が下落から上昇に、上昇から下落に転換するポイントに注目しましょう。例えば、同じ幅で上昇と下落を繰り返しているとき、その幅を超えるときがあります。そのタイミングで上昇・下落に転じる傾向があるので、買いや売りのエントリータイミングになります。

 

ゴールデンクロス

エントリータイミングを見極める方法として、MACDというインジケータを活用する方法もあります。MACDのラインとシグナルというラインが交差するポイントは、ゴールデンクロスと呼ばれています。ゴールデンクロスが発生すると、相場のトレンドが上昇する傾向があります。チャートでの見極めと合わせて、インジケータを活用したエントリータイミングの判断にも取り組んでみましょう。

 

エントリータイミングの感覚をつかむ方法

エントリータイミングの見つけ方を知ることは重要ですが、実際のチャートで見つけるには経験や感覚が必要になります。エントリータイミングの感覚をつかむ方法をご紹介するので、最適なタイミングでエントリーするスキルを身に付けましょう。

 

少額投資で感覚をつかむ

エントリータイミングの感覚をつかむためには、トレードの勉強ももちろん必要ですが、実際にやってみることが大切です。普段通りと同じくらいの取引金額でトレードを行うのはリスクがあるので、少額投資で経験を積むようにしましょう。少額で取引できる口座を開設したり、リスクの少ないFX業者を利用したりするなど、リスクをケアしつつ感覚を磨くのがおすすめです。

 

エントリータイミングを絞る

押し目や戻り、トレンドの転換点などに対して、すべてエントリーしようとすると、根拠のない取引になったり、無駄な取引が増えたりしてしまいます。エントリータイミングの感覚をつかむなら、見極めたいタイミングに絞りましょう。買いポジションなら押し目、売りポジションなら戻りといったように決めれば、チャートの見方やトレンドの動きが見えてくるはずです。

 

トレンドを見極める

エントリータイミングを見極めるときは、上昇トレンドと下落トレンドに注目しましょう。トレンドが発生していないレンジ相場よりも見極めやすいので、チャートからエントリータイミングを見つけられるでしょう。レンジ相場の場合は、転換点を探ることが大切ですが、トレードの根拠を見つけられないときは、トレードしない勇気も必要です。

 

エントリータイミングを見極めるときの注意点

エントリータイミングを見極めようとするとチャートに張り付く、タイミングと思われるポイントで何でも買う・売るなどがおきがちです。損失を増やすきっかけにもなりかねないので、エントリータイミングを見極めるときの注意点をおさえておきましょう。

 

何でもエントリーしない

エントリータイミングについて知ると、トレンドやレンジ相場で「チャンスかも」と思えるタイミングが見えてきます。FXに慣れていないうちは、チャンスと見たエントリータイミングに何でもかんでもエントリーしてしまいがちです。このことをFXでは、「ポジポジ病」と言われています。

 

確実にトレンドが上昇・下落するという根拠があればよいですが、あいまいな動きでもポジションを持ってしまい、無駄な資金を使い、損失を生みやすくなってしまいます。何でもエントリーしないようにしてエントリーするときのルールを決めるなど、ポジポジ病にならないように注意しましょう。

 

チャートに張り付かない

ポジポジ病のほかに、なりやすいのがチャートへの張り付きです。エントリータイミングが気になるあまり、チャートに張り付くようになってしまいます。まだかまだかと待ち続けることで、焦りや苛立ちが出てくることもあり、メンタルコントロールが難しくなりやすいです。

 

小さな動きに反応してタイミングを見誤ったり、やっとできたエントリーを活かそうと決済の判断が遅れたりするなど、トレードに悪影響が出てしまうでしょう。張り付いていてもエントリータイミングを逃すことはあります。根拠を持ってエントリーできるタイミングで冷静な判断ができるように張り付きには注意しましょう。

 

まとめ

FXにおいて、エントリータイミングは利益を出すためにしっかり見極める必要があります。主なエントリータイミングは、押し目、戻り、トレンドの転換点、ブレイクアウト、ゴールデンクロスなどです。これらのエントリータイミングの感覚をつかむためには、少額投資で経験を積んだり、エントリータイミングを絞ったりすると見極められるようになっていきます。ただ、何でもエントリーする、チャートに張り付くのは効果的ではないので避けましょう。エントリータイミングをしっかり見極めて、FXの利益を最大化してみてくださいね。