FX

逆ナンピンとは?FXの手法を基礎から紹介

逆ナンピンとは?FXの手法を基礎から紹介

逆ナンピン

FXの手法は様々なものがあって、初心者にとっては技を使うのが敷居が高い…と思われがちです。
しかし初心者の方が思うよりFXの手法は扱いは難しくないのですよ。

 

今回紹介したいのは逆ナンピンと言うトレード手法です。
そもそもナンピンとは、保有している通貨ペアが下がったときに買い増しして平均コストを下げる手法でが、ナンピンは初心者には利用しない方がいいとされている手法です。
そのナンピンの逆である逆ナンピンはどのような手法なのでしょうか?

 

ナンピンとは?手出ししてはいけない手法なの?

ナンピンは、漢字で書くと難平で、FXのトレード手法として使われています。
購入したポジションが値下がりしてしまい、含み損が出たときにさらに安い価格でポジションを買い増することで、1回目の買いで出た損失を2回目の買いで出る利益で相殺させるトレード手法です。

 

つまり値下がりしてしまった買いポジションは、次で半分くらいまで値が戻れることで、1度目の損失が相殺されます。

 

しかし、値動きの戻しは半分で損失を減らす事は出来るので一見有能そうなトレード手法に思えますが、そこに落とし穴があります。
ナンピンのFX手法は、1度目の値下がりがそのまま続いて、全く値が戻らない場合、何度買いましてもどんどん損失が増えてしまうのです。

 

そのような理由からナンピンは手出ししては行けない手法とされているのです。
安定的に利益を得たいはずが、どんどん損をしては意味が無いですよね。
ではナンピンの逆である、逆ナンピンはどのような手法なのでしょうか?

 

初心者におすすめのトレード手法逆ナンピンとは?

では逆ナンピンとはどのようなトレード手法なのでしょう?
逆ナンピンとは、別名『逆張りナンピン』と言います。

 

逆張りは、過去の安値を参考にして価格が転換するポイントを狙って、トレンド方向と逆のポジションで買い入れをし、大きな利益を狙うトレード方法です。

 

例えば、相場が下落している際にあえて買いを入れます、値動きを見ながらまた相場が上昇する際にうると利益を得れるのです。

 

FXにおける逆張りの問題点は、トレンドがどこまで続くか初心者にはよく分からない点、それによってどこまで損切の幅をどこまで許すのか、そしてそれに応じたポジションサイズの最適な設定をどの点に取るのかが大きな利益のキーポイントとなります。

 

逆ナンピンのメリット

ではキーポイントをまとめてきましたが、逆ナンピンのメリットは大きくどんなものがあるのでしょうか?

 

逆張りナンピンのメリットはたった一つ、『大きな利益を得ることができる』というポイントです。
FXトレーダーとしては利益を得ることが最大の目的です。
安定的な利益を目標としているトレーダーは多くいますが、最終的にプラスになればすべてよしなのです。

 

FX等の投資において大切なのは資金管理です。
逆張りナンピンは高い成功率が特徴的でもありますが、決して絶対儲けられるというわけではありません。
ナンピンや逆張りナンピンで大切なことは、どこでうまく損切するかということにかかってきます。

 

その点においては、やはり多くの元手となる資金を持っているかどうかで、損切を早くするか、少し粘って儲けを待つことができるのか運命が分かれるのですね。

 

逆ナンピンのデメリット

次に逆ナンピンのデメリットを紹介します。
逆張りナンピンは、トレンド方向と逆のポジションで買い入れをし、大きな利益を狙うトレード方法ですが、もしトレンドが回復しなければ結局は大損となってしまいます。

 

国内FXにおいては、損切等のタイミングがわからず、どんどん損失が膨らみ、そして口座内のお金がなくなってしまうと最終的には膨大な借金としてトレーダーの首を占めることとなります。

 

逆ナンピンのデメリットとは、相場の読みを間違えると借金を作りかねないというところです。
そんな損失をしたくないという方には海外FXを紹介したく思います。

 

なぜ海外FXを紹介するかというと、海外FXは借金にならないサービスがあるからです。
FXや投資は失敗すれば必ず借金や損失を得ると思っていませんか?

 

それは違います。
海外FXは国内FXと違う素敵なルールがあるのです。

 

逆ナンピンするなら海外FX

海外FXとは、海外に会社をもつFX業者が運営している口座内でFXのトレードをする際の呼び方を指します。
ドルやユーロ等の海外通貨を売買して利益を得るFX取引では、どこの口座でトレードしても通貨の差益で儲けを出すので、金額に変化はないのです。

 

ここで海外FXのメリットを上げると

 

最大レバレッジが3,000倍に決定できる
国内FXでしたら金融庁の決定により、最大レバレッジが25倍に設定されています。
そのため元手が10万円としても250万円までしか取引が出来ませんが、海外FXならなんと単純計算で3億円もの取引ができるのです。
それだけで大儲けできそうな気がしますよね。
レバレッジが大きく設定できるところは海外FXのメリットです。

 

口座開設でボーナスが貰える
国内FXのFX口座では口座を開くだけではあまりボーナスはもらえません。
しかし、海外FXなら口座開設だけで多くのボーナスが貰えるキャンペーンを行っている業者が多いのです。
そのボーナスと高いレバレッジを利用して元手0円で儲けを上げることも可能です。

 

海外FX業者は、利用者が儲ければ儲けるほど、口座の業者も儲けることができる仕組みになっています。
そのために利用者が儲けれるシステムが豊富なのです。

 

ゼロカットシステム搭載
海外FXの口座で特に注目したいのがこのゼロカットシステムです。
ゼロカットシステムとは、取引で発生した損失をFX口座業者が補填してくれるサービスなのです。
つまり、海外FXではどれだけ借金が膨らんでも、口座内にある金額しか損失はせずに、マイナス分はお金を払わなくても良いのです。

 

これは国内FXにはないサービスなので初心者で、できるだけ損失や借金をしたくない、損失を出さない自身がない人には海外FXでまずはFXになれる練習をしてみてはいかがでしょうか?
そして、逆張りナンピンを試すのには、海外FXが一番やりやすいといいます。
それは、上記に上げた損失をできるだけ出したくないトレーダーが新しいトレード技を試すには海外FXで練習をするからです。

 

国内FXでうまくトレードする自身がない人に特に海外FXでの逆張りナンピンを練習してもらいたいですね。

 

まとめ

逆張りナンピンについて紹介してきましたがいかがでしたか?
FX初心者で新しくトレード技を試したいという方は、借金を作りにくい海外FXで逆張りナンピンの技を試してみてはいかがでしょうか?

 

逆張りナンピンは、過去の安値を参考にして価格が転換するポイントを狙って、トレンド方向と逆のポジションで買い入れをし、大きな利益を狙うトレード方法ですので、海外FXのハイレバレッジを利用すればますます大きな利益を得れるかもしれません。