FX

レバレッジは怖い!レバレッジなしでもFXできる?

レバレッジは怖い!レバレッジなしでもFXできる?

レバレッジなし

FXは高レバレッジを利用することで利益を爆発的に上げることができることも魅力の一つですが、FXを始めたばかりだと高レバレッジの取引はちょっと怖いな…と感じますよね。そこで今回は高レバレッジとレバレッジなしのトレードでどのような違いが生まれ、どちらがどういう人におススメなのかを検証してみようかと思います!

 

そもそもレバレッジのしくみとは!

おそらく、もうわかっている人がほとんどでしょうから、必要がない場合は読み飛ばしてください。レバレッジのしくみについておさらいしていこうと思います。
レバレッジ100倍・10倍・1倍の時のトレードできる金額の変化を表で見てみましょう。

証拠金 レバレッジ トレードできる金額
レバレッジ100倍 10万円 ×100 1000万円
レバレッジ10倍 10万円 ×10 100万円
レバレッジ1倍 10万円 ×1 10万円

このように、レバレッジの倍率を変えることで証拠金を変えずとも、トレードするときに使える金額を大きくすることができるのです。では、何故このようなことが可能なのでしょうか?

 

なぜ高レバレッジをかけることができるの?

例えば、証拠金10万円を払ってレバレッジを10倍かけたとき、100万円分の米ドルの取引ができるとします。本当は取り扱う通貨によって、その金額は変動しますが今回はわかりやすいようにそのように仮定します。しかし、この場合トレーダーは10万円しか払ってないですよね。それでは、残りの90万円分FX業者は損をしてしまうのでしょうか?実はそうではありません。この後、トレーダーは利益を出すために、値上がりを読んで売りに出すはずです。読みが当って、値上がりし100万円分の米ドルが110万円で売れたとします。すると、その差額は10万円ですよね。FX業者がトレーダーに支払うのはこの時点での差額ですから、10万円分を支払えばいいということになるのです。実際に動かしているのは、元手になるお金ではなくトレードした際に生じる差額というわけです。こうした決済方法を差金決済といいます。

 

高レバレッジのトレードの魅力

さて、レバレッジのしくみがわかったところで本題に入りましょう。高レバレッジをかけることって怖いことなのでしょうか?まずは、高レバレッジのトレードの魅力をみてみましょう!

 

・少ない資金でトレードできる。
・大きなリターンを狙える。
・資金効率がよい。

 

先程申し上げた通り、高レバレッジで取引すればするほど利益率は高くなります。このため、少ない資金で大きなリターンを狙えるのが高レバレッジのトレードの魅力です。
さて一方で、それだけ高レバレッジをかけることへの不安もありますよね。一体どんなリスクがあるのでしょうか?

 

・価格の暴落によってロスカットが間に合わず証拠金を超える損失が出てしまう場合がある。
・小さな値動きの影響を受けやすい。(1%程度の為替変動で証拠金が無くなってしまうこともある。)

 

このため、高レバレッジをかけたトレードはFXに少し慣れてからの方が安全という見方もあります。しかし、皆さんは高レバレッジと言われてどの程度の数字を想像しますか?海外FXの場合は、最大レバレッジが1,000倍や2,000倍というところもありますが、利益を出しているトレーダーが1,000倍2,000倍のレバレッジをかけているとは限りません。自分の資金によってかけてよいレバレッジも変わってきます。無暗に最大レバレッジに手を出さない方が無難でしょう。

 

レバレッジなしのトレードの魅力

今度はレバレッジなし、つまりレバレッジ1倍の場合はどのような魅力があるのでしょうか。

 

・元手資金に対しての損失割合を少なくおさえられる。

 

一方でデメリットは、

 

・資金効率が悪い。
・まとまった資金が必要。
・大きなリターンはあまりない。

 

FXの魅力は少ない元手をレバレッジによって大きくしてトレードできるという点ですが、レバレッジをかけないということは元手の金額をそのまま運用することに他なりません。ですから、こうしたトレードをする時には高レバレッジの時とは違って、最初に必要となる金額が高めになってしまうことが考えられます。また、資金効率が極端に悪いので利益を出すためにはかなり時間がかかるという点が大きなデメリットになります。しかしこれは逆に、長い時間をかけてコツコツトレードできる人にとっては安心かつ安全なトレード方法であると言えるのです。また、FXのトレードそのものではなく、スワップトレードで利益を得たい場合には大きなメリットがあります。スワップトレードについては今回触れませんが興味があれば調べてみてください。

 

日本と海外のFX会社のレバレッジのちがい

自分は高レバレッジのトレードかそれともレバレッジなしのトレードか、どちらを選ぶか迷うところではあると思いますが、ここで日本と海外でかけられるレバレッジに違いがあることを確認しておきましょう。

 

日本のFX業者はレバレッジ25倍

日本のFX業者は、最大レバレッジが25倍までと決められています。かつては日本でも海外のように高レバレッジのトレードができたのですが、ある時から最大値が25倍まで引き下げられました。これは、ギャンブル性の高い投資をできないようにという意図のもと法改正が進んだためです。当時は、確かに投資家に不利なサービスを行うFX業者がたくさんあり、投資家からの搾取が目立ったため仕方のないことだと思います。特に日本のFX業者はDD方式を取っているので、不正取引がしやすいという点が問題なのです。

 

海外FXは最大レバレッジ2,000倍

さて、一方で海外FX会社にはレバレッジの上限がなく、現状で最大2,000倍までレバレッジをかけられる業者もあります。当然、2,000倍でトレードしている人が全てではありませんが、このような高レバレッジでのトレードが盛んになっています。また、投資家が安心してトレードに取り組めるようにゼロカットシステムを備えているところが多く、また、基本的にNDD方式を取っているため不正取引の心配が極めて低いというようになっています。

 

このように比較してみると、日本のFX業者はレバレッジこそ低く設定されているのですが、処理方式が海外と違って不透明な部分が多く、それだけで投資家たちを不安にさせてしまう要素が強いと言わざるを得ません。法改正によって不正な取引を行っているFX業者を淘汰してきたとは言え、現在もは全く心配がないとは言えないのが実情です。ですから、これからFXを始めるという人に対しても日本のFX業者よりも海外のFX業者の方が安心、安全であると言えます。

 

最初は低レバレッジで!海外FXに挑戦してみよう

先程も高レバレッジでのトレードは、FXに慣れてから触れる方が良いとのことを申し上げました。では、低レバレッジや高レバレッジというのはどのラインで変わってくるのでしょうか。これは、経験値によってかなり変わってくるので、自分がどの程度トレードできるかで適正レバレッジが変わります。例えば、一般的にFXを始めたばかりの超初心者にはレバレッジ2~3倍をおススメするでしょう。ある程度経験を積んできた段階(経験年数1~3年程度)でレバレッジ5倍程度、これ以上の経験を積んで始めて資金と相談してレバレッジを決めていきます。もちろん、一般的な目安ですので自分がもっと早くトレーダーとして力をつけているという確信があるのならば、どんどん挑戦しても良いと思います!

 

ここで、低レバレッジなら日本の会社でよいのでは?と思うかもしれませんが、FXを長く続けていく場合はその先のことを見据えるとやはり海外FXをおすすめします。なぜなら、いざ海外FXでやってみようと思った時に、日本の会社は独自のプラットフォームを使っているところが多く、また新たにプラットフォームに慣れる必要が生まれるからです。海外FXの場合はプラットフォームがMT4やMT5と、共通の場合が多いためそれならば最初からこれに慣れておいた方が良いでしょう。