FX

FXを始めるなら元手は最低いくら必要?金持ちしかできないって本当?

FXを始めるなら元手は最低いくら必要?金持ちしかできないって本当?

元手

FXをこれから始めようと思っている人は多いです。
FXで稼ぐスキルを身に着けることができれば、いつでもどこでも、そして何歳になってもお金を稼ぐことができます。

 

しかし、最初から大金を投じるのは不安が残りますよね。
そこで、この記事では、FXをこれから始める場合は、最低どれくらいの元手を用意しておけばいいのかということについて詳しく解説していきます。

 

FXは5,000円程度から始められる

FXというのは業者にもよりますが、最低5,000円前後から始めることができる場合もあります。
FXについて全く知識がなく、とりあえずFXに慣れたいという人は、これくらいの資金で始めることをおすすめします。

 

ただ、5,000円という少ない元手から始めると、レバレッジをかけて取引をしたとしても、そこまで利益は出ません。
もちろん、大きな損失を出してしまう可能性も低いのですが、何十円、何百円という世界になってしまうこともしばしばです。

 

また、証拠金が5,000円の場合にレバレッジをかけて取引をすると、ロスカットされてしまう可能性も非常に高くなり、取引の自由度が低くなってしまうこともあるのです。

 

このようなことを考えると、

 

「FXに慣れたい」
「FXの仕組みを知りたい」

 

という人以外は、5,000円の元手では少ないということができます。

 

初心者は少額から始めることがおすすめ!なぜなら・・・

5,000円では少ないと解説しましたが、もしFXの取引を一度も行ったことがないのであれば、元手は少ないに越したことはありません。
なぜなら、初心者はほぼ最初の軍資金を溶かしてしまうからです。

 

ビギナーズラックで一時は稼ぐことができても、知識も経験もない状態で続けていれば、近いうちに口座の残高が0円になってしまうでしょう。

 

ただ、現在FXで利益を上げている人でも、最初から勝ち続けた人は少ないです。
FXで損をした場合に、

 

「なぜ負けたのか」
「どうすれば利益が出せるのか」

 

ということを考え、失敗を生かしてきたからこそ、今大きな利益を出せているのです。

 

つまり、初心者が初期資金を失ってしまうのは、最初の登竜門だとも言えます。
資金を失って、

 

「やっぱFXはダメだ」

 

と考えているようであれば、そもそもFXには向いていません。

 

しかし、損をするとわかっているのであれば、少ない元手から始めて、

 

「FXで負けるときのパターン」
「FXで利益を出すための方法」

 

などについて、自分のお金を使って勉強をしていくことがおすすめです。

 

本格的に始めるなら資金は最低5万円?

ある程度FXに慣れてきたら、次は本格的に利益を狙っていきましょう。
本格的に利益を狙っていくためには、最低5万円の元手を作る必要があります。

 

5万円ほどの元手があれば、一応投資と呼べるような取引をすることができます。
5万円というと、多くの人が、

 

「大金だな」

 

と思うことでしょう。

 

確かに、日常の生活で5万円をポンと支払うことは少なく、高いと感じてしまうと思います。
しかし、FXの世界でいう5万円というのは、元手にするとかなり少ないです。
そのため、適当に取引をしていると、あっという間になくなります。

 

そのため、もし5万円からFXを始める場合には、いくつかの注意事項をしっかりと守って取引をすることが大事です。

 

5万円でFXを始める場合の注意点は?

では、5万円からFXを始める場合は、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

 

ロット数

まずはロット数です。
ロットというのは、取引枚数とも呼ばれ、取引をする時の1単位のことです。

 

国内のFX業者の場合は、1万通貨≒100万円となり、国外業者の場合は、10万通貨≒1千万円ということになります。

 

元手5万円で始める場合は、ロットを1,000から2,000通貨にしておくべきです。
先ほどの例に従って計算すると、1,000から2,000通貨というのは、大体10万円から20万円の取引ということになります。

 

元手が5万円なのにも関わらず、大きな利益を取ろうとして、これ以上のロット数で取引をしてしまうと、大きな損を出してしまう可能性もあるのです。

 

損切

続いては損切です。
損切というのは、自分が予想していた相場にならず、含み損を出してしまった時に、一度ポジションを決済して、負けを認めるということです。
初心者の多くは、これができません。

 

「もう少し待てば戻るかも」

 

と思ってしまい、ずるずるとポジションを持ち続け、気づけば大損なんてことも良くある話なのです。

 

5万円を元手にFXを始める場合には、特に損切を早めに行う必要があります。
なぜなら、5万円という少ない金額で取引をしている以上、早めに損切を行わないと、元手をどんどん減らしていってしまうからです。

 

FXで利益を出している人の多くは、損切に関するルールを自分で決め、それを徹底しています。
プロのトレーダーでも、100発100中で勝てるわけではないため、小さく負けて大きく勝つということが大事になるのです。

 

良く言われる損切の基準は、30~50pips程度です。
もし損切目安が定まらないという人は、この値を参考にしてみると良いかもしれません。

 

国外業者

元手5万円程からFXを始める場合は、海外業者を使うことがおすすめです。
最初から海外業者を使うことに抵抗を感じる人もいると思いますが、知名度があり、しっかりとしている業者であれば、安心して取引を行うことができます。

 

なぜ国外業者がおすすめなのかというと、レバレッジを高く設定できるからです。
国内業者の場合は、最大レバレッジが25倍です。
1,000通貨、つまり10万円の取引をするためには、約4,000円の元手が必要になります。
冒頭で話した5,000円程度で始められるというのは、このような意味があるのです。

 

話はそれましたが、海外業者の場合は、レバレッジが1,000倍を超える業者もあります。
つまり、少ない元手で大きな取引をすることができるということなのです。

 

取引手法

FXの手法にはいくつもの種類がありますが、5万円を元手に始める場合は、スキャルピングをしないことがおすすめです。
スキャルピングというのは、知っている人も多いと思いますが、短時間で売買を繰り返す手法のことです。

 

これは列記としたFXの手法ですが、5万円という少ない元手であれば、やらない方が良いでしょう。

 

慣れてきたら10万円に資金を増やすべき!その理由は?

FXに慣れてきた、あるいは利益を出せるようになってきたと感じたら、元手を10万円程度に増やして取引をすることもおすすめです。
10万円程あれば、自由度の高い取引をすることができますし、元手が多くなればなるほど大きな取引をすることができます。

 

そのため、最初のうちは利益が出ても、それを引き出すのではなく、元手に追加していくということをおすすめします。
そうすれば、追加で入金しなくても、利益だけで元手10万円を作ることができます。

 

FXだけで生活していくならいくら必要?

今後、FXを収入の柱として生活をしていきたいと考えているのであれば、生活をしていくためのお金を稼ぐことができる元手について考える必要があります。
もし、本業でFXをしていくのであれば、元手は100万円あっても少ない部類に入ります。
なぜなら、FXでは一攫千金を狙うと負けやすくなるという特徴があるため、毎月元手の10%から15%の利益を狙っていく必要があるからです。

 

そのため、もし専業でFXをしていきたいと思っているのであれば、細かい数字に目を向けて、具体的な元手や利益率を考えていくと良いでしょう。

 

まとめ

FXは5,000円程度から始めることができます。
ただ、投資と呼べるFXをするためには、最低5万円程度の元手が必要です。
そして、慣れてきた場合には、元手を増やし、より自由度の高い大きな取引をしていくことをおすすめします。