FX

FX市場が動く時間を徹底解説!時間を見極めてトレード

FX市場が動く時間を徹底解説!時間を見極めてトレード

動く時間

FX市場は、市場を変えながら24時間動き続けています。そのなかでも相場がよく動く時間があり、活発な時間帯に取引ができると、より多くの利益を出せる可能性が高まります。まずは時間帯を知ることが大切です。

 

本記事では、FX市場の1日の動きや良く動く時間帯をご紹介します。FX市場が動かない時間帯や日もご紹介するので、あらかじめチェックしておきましょう。

 

FX市場の1日の動き

東京外国為替市場のように、FX市場は世界各地にあります。ロンドンやニューヨーク、オーストラリアが主な市場で、シンガポールや香港、ドイツ、フランスなどがあり、それぞれ開場時間帯が決められています。そのため、東京市場が開場していないときに、ロンドン市場が開場しているといった状況になり、FX市場は24時間動き続けているのです。

 

具体的には、まず日本時間の7時にオーストラリアのウェリントン市場とシドニー市場が開場します。次に9時に東京市場が開き、次第に市場が活発に動き始めます。17時になるとロンドン市場、22時にはニューヨーク市場が開場し、1日のなかで相場が大きく動く時間に突入します。ヨーロッパ市場が始まることで取り扱われる通貨が増え、それぞれ動きを見せる時間帯です。ニューヨーク市場が閉場すると、次の日の7時にオーストラリア市場が開き、FX市場が毎日動き続けています。

 

FX市場が良く動く狙い目の時間帯

24時間動いているFX市場のなかでも、特に市場が活発になる時間帯があります。活発な市場で上手く取引することが、利益を出すためには欠かせません。よく動く時間帯とその理由をご紹介していきます。

 

仲値の発表:午前9時30分~10時

東京市場が開き、日本時間9時55分頃に仲値が発表されます。仲値とは、基準となる取引レートの価格です。わかりやすい例を挙げると、両替のレートが仲値に該当します。海外旅行などで両替をする場合に、個人にその時その時のレートを適用するのは手間がかかります。そこで、仲値を設定することで、一律で両替できるようになり、個人だけでなく企業にもメリットがあります。

 

仲値の発表の前後は、為替が動きやすくなります。企業が仲値取引を事前に依頼したり、ディーラーが動いたりすることで、一時的に市場が活発に動きます。

 

ロンドン・ニューヨーク市場の開場:21時~翌日2時

17時に開場するロンドン市場、22時に開場するニューヨーク市場は、21時~翌日2時の間に活発に動きます。取引量では、第1位ロンドン市場、第2位ニューヨーク市場を言われており、膨大な取引が21時を境に行われます。最大級の市場であり、すべての通貨ペアが動くので、トレードの狙いたい時間になります。

 

日本時間21時から活発になるので、仕事を終えてからの副業にも適しています。この時間帯にフォーカスしてトレードをすることで、大きな利益も期待できます。ただ、深夜2時まで活発に動いているので、リスク管理には注意が必要です。0時にポジションを持ったまま就寝したとすると、2時間で相場が急変する可能性はゼロではありません。就寝前に決済し、日をまたいだポジションは持ち越さないようにしましょう。

 

FX市場が動く経済指標発表時

FX市場が動くタイミングとして、経済指標が発表されたときに動きやすくなります。経済指標は、相場を見極めるツールでもあるので、知っておいて損はないでしょう。主な経済指標を4つ見ていきましょう。

 

日銀金融政策決定会合

日銀金融政策決定会合は、年8回、2日間で発表されます。政策金利が発表されたり、量的・質的緩和がされたりするなど、値動きが起きやすくなります。発表されるタイミングや時間が決められていないので、発表された際の相場の動きには注意が必要です。

 

欧州中央銀行政策金利発表

欧州における金融政策を決定する発表です。毎月第1木曜日に発表され、大きく相場が変動することもあります。毎月の発表なので、大きな決定がされないこともあり、その場合相場が動かないことも考えられます。

 

米雇用統計

経済指標のなかでも、市場の動きが最も激しくなるのが、米雇用統計です。毎月第一金曜日に発表され、失業率や雇用者数の統計によって、大きく市場が変動します。利益が出ることもあれば、大きな損失にもなりかねないので要チェックです。

 

FOMC

FOMCとは、アメリカにおける金融政策を決定する会議で、臨時開催を除いて年8回開催されます。政策金利や景気判断などが発表され、発表の内容や予想次第で大きく市場が変動することもあります。米雇用統計と並んで、しっかりチェックしておきたい経済指標です。

 

FX市場が動かない時間・日に注意

FX市場は基本的には24時間動き続けていますが、取引ができない時間帯や日があります。その間は取引を始められないだけでなく、決済することもできないので注意が必要です。土日や年末年始、祝日などのFX市場の動きを確認しておきましょう。

 

土曜日・日曜日

FX市場は、土曜日・日曜日は閉場しています。この間トレードをすることはできません。通常時は中東市場の影響でわずかに動いていますが、目立った動きはないでしょう。ただ、土曜日・日曜日に市場に関わる事件などが起きると、相場は急激に動き出します。もし、閉場前に決済していないポジションがあると、開場後に大損失が出ているかもしれません。損失を防ぐには、土曜日・日曜日をまたぐポジションを持たずに決済しておきましょう。

 

祝日は取引できる?

FX取引は、日本だけで行うものではありません。世界の市場で取引を行うので、日本が祝日でもトレードすることができます。ただ、外国の祝日にあたる日は閉場になるので、日本市場以外では取引ができなくなります。

 

年末年始

年末年始は、FX業者ごとにバラつきがあるものの、元日は世界的にFX市場が閉場になります。また、外国ではクリスマスを重視しているので、クリスマスは海外市場は閉場になり、取引することができません。クリスマスイブや年末などは開場時間が短くなることもあるため、開場スケジュールをチェックしておきましょう。

 

メンテナンス時間に注意

FX業者では、システムなどのメンテナンス時間を設定しています。メンテナンス時間は取引ができないので注意が必要です。普段使っているFX業者のメンテナンス時間をあらかじめ確認しておきましょう。

 

まとめ

FX市場が良く動く時間帯として、仲値の発表、ロンドン・ニューヨーク市場の開場などがあります。経済指標が発表されるときも市場が活発になりやすいので要チェックです。取引ができない時間帯として、土日や年末年始があり、メンテナンス時間やクリスマスなどの特別な日にも注意しましょう。FX市場が良く動く時間帯を見極め、効率よくFXで利益を出してくださいね。